KEPHA 1st Album “T O K Y O I T E”

RELEASE

2018.12.26

KEPHA 1st Album 『T O K Y O I T E』
2018.12.26 Release
BPMT-1012
kiLLa / bpm tokyo

R&B、ソウル、HIP HOP、エレクトロニカ、ビートミュージックなどTOKYO各地で鳴る“いま”の音が凝縮。シルキーな歌声とフロウでグルーヴを乗りこなすシンガー/ラッパー「KEPHA」の鮮烈なデビューアルバム。yahyelのメンバーMiru Shinodaプロデュース楽曲も収録。

あらゆる文化が混在し、大きなうねりを作りつつあるここ近年のTOKYOにおいて次第に注目を集めつつあるシンガー/ラッパー”KEPHA”が初となるアルバムをリリースする。本作に先行して配信リリースされた2枚のEP作品『T O K Y O I T E:I』と『T O K Y O I T E:II』ではそれぞれ“いま”彼が生きているTOKYOという街を表現し、その非凡な才能を多くのリスナーに見せつけた。本作はその2枚のEP作品にボーナス音源をプラスし、現在のKEPHAを見事にまとめ上げた作品となっている。WILYWNKAの1stシングル「Rapper’s Flow」やアルバム『SACULA』のリードトラック「World Out」を手掛けた関西を代表するプロデューサー”NOAH”が全面的にプロデュースを担当した本作。YDIZZYとの共作曲として2017年に発表した楽曲をソロ音源として更にビルドアップした「LOUDER」、美しい旋律と太いビートの上をスムースなフロウで歌い上げる「IDWD」、ストレートに歌詞が入り込んでくる力強いメッセージの「LONG WAY」、トラップ調の上物ループと暴力的なベースが心地よい「HA HA」、そして彼のシンガーとしての才能が迸る「UNTITLED」などを収録した一筋縄ではいかない非常に多彩な内容となった。更に本作の肝となる「GOSSIP」では、ロック・バンドというフォーマットを使い最新の音楽を更新し続ける集団yahyelから”Miru Shinoda”がプロデュースで参加し非常にアブストラクトでありながらポップスとしてのセンスも感じる素晴らしい楽曲が完成した。TOKYOの最先端シーンを引率するHIP HOPクルー”kiLLa”の一員としての活動でその名を知らしめた彼ではあるが、自身初となる本ソロアルバムではまた違った視点で見つめた生まれ故郷のTOKYOの“いま”を描く。シンガー/ラッパーとして新たな活動を始めるKEPHAがポップ・ミュージックの新たな指針をこの一枚で創造する。

TRACK LIST :
1. INTRO
2. IDWD
3. LOUDER
4. IDK
5. LONG WAY
6. HAHA
7. TOKYO CRUISING
8. VROOM/VROOM
9. YOAKE
10. ON & ON
11. KANKAK
12. GOSHIP
13. UNTITLED
14. TOKYOITE
15. BBS