MONYPETZJNKMN

東京のナイトシーンで噂と話題の絶えない次世代ヒップホップ集団「YENTOWN」。年齢・出身・国籍もバラバラの彼らは、渋谷「Social Club Tokyo」で開催されていたパーティー「YENJAMIN」(現在は終了)に夜な夜な集まってきたラッパー、DJ、VJ、トラックメイカー、ファッションデザイナー、映像ディレクターなどが集まり2015年に結成。現在は15名の正式メンバーを擁し、音楽・映像・ファッション・アートをハイブリッドさせたネオカルチャーをストリートから生み出し続けている。MONYPETZJNKMNは、同クルーのフロントマンとして活動するMonyHorse(モニーホース)、PETZ(ペッツ)、Junkman(ジャンクマン)の3人からなるユニット。2015年1月にMVが公開されたMonyHorse, PETZ, Junkman名義による「Higher Part II」(Chaki Zuluプロデュース)が現在の活動に繋がる源流であり、これがYENTOWNの興りでもある。MONYPETZJNKMNの3人は三者三様にソロでも活動。フィリピン国籍のMonyHorseは、同じ団地に暮らしていたKOHHとの出会いをキッカケにラップを始め、2012年にKOHHとのコラボ曲「We Good」「Faded(remix)」(共に2012年にKOHHが発表したミックステープ『YELLOW T△PE』収録)でシーンに颯爽と登場、18歳にして一躍脚光を浴びた。PETZはTHE BOYZという3人組でY.G.S.P.プロデュースによる「BOYZ STANCE」などを発表しており、2013年にはKOHH, Tokarev & PETZ名義でリリースした「十人十色」がバイラルヒット、その存在が知られるようになる。Junkmanは16歳の頃からラップを始め、RAU DEF『K.T.A』(2012年)収録の「#ぶっちゃけ」にPETZと共に客演。その後、MCネームをTokarevに改め、前述の「十人十色」に参加。2015年にはSEEDA, Junkman & kZm名義による「BUSSIN」が人気ミックスCDシリーズ 「CONCRETE GREEN Vol. 13」に収録されるなどして、その名を広めていった。2016年、3人はシーンへの挨拶状としてMONYPETZJNKMN名義でミニアルバム『上』『下』を2月と4月に立て続けにリリース。8月には追い打ちを掛けるようにEP『轟』を発表。10月には全米1位ヒット「Harlem Shake」を持つバウワーがYENTOWNの面々らを迎えた「Night Out」をリリースし、話題を集めた。今後さらなるブレイクが期待される中、2017年5月17日、満を持してフルアルバム『磊』をフィジカルリリース。ストリートの景色をぐにゃりと変えてきた彼らへの注目度と関心度、人気は日増しに高まっている。